前のページへ
事業主旨 | 7つの特徴 | フローシート図 | 廃ガラス製品の用途 | 収支シミュレーション | 納入実績 | アンケート

収支シミュレーション

収入の部:処理単価、数量、売上構成比などで下記の構成比は変動します。
支出の部:投資金額、償却年数によって償却金額は変動します。

収入の部
項 目 構成比 概 要
(1)指定法人委託料 50〜55% 事業者からの処理委託料。売上の過半数を占めます。
(2)処理委託料委託 10〜12% 処理委託の委託に相当します
(3)製品販売 (3)-1工事材料用 18〜20% 材料として販売する場合(施工用よりも割安です。)
(3)-2施工用 15〜16% 材料として販売する場合。
(3)-3商品販売 6〜7% 施工用に販売する場合。
(4)在庫 6〜7% 注文に対応できるように在庫としてストックする
小計(A) 100.0%  
※収入は大きく4つの方法で上がります。

支出の部
項 目 構成比 概 要
(1)人件費 10〜15% 工場人件費
(2)人件費 9〜12% 配送人件費
(3)集荷費用 11〜14%  
(4)電気料 2〜3%  
(5)償却費 25〜27% 投資金額により変動します
(6)雑費 4〜5%  
小計(B) 72〜78%  
営業利益(A−B) 22〜28% 収入-支出


納入実績

乾式ガラスリサイクル破砕装置
北海道2台、青森県2台、岩手県3台、宮城県1台、福島県1台、埼玉県1台、茨城県1台、長野県1台、愛媛県1台、徳島県1台、山口県1台、福岡県3台、沖縄県1台、三重県1台、大阪府1台、京都府1台

前のページへ

▲ページのトップへ戻る

  Copyright 1998-2006 Kankyo Hozen Service Co., Ltd. All rights reserved.