• ブログ
  • カタログPDF
  • Q&A
  • 導入事例

会社概要

会社概要

設   立 昭和61年3月19日
資 本 金 1,000万円
代表取締役 狩野 公俊 (H17.12.15再任)
取 締 役 佐藤 秀輝 (H17.12.15再任)
取 締 役 菊池 信一 (H17.12.15再任)
監 査 役 狩野 文克 (H17.12.15再任)
所 在 地 〒023-0001 岩手県奥州市水沢区卸町4−7
TEL:0197-25-7522  FAX:0197-25-6229
HP  http://www.khs.ne.jp/
E-mail kan@po.sphere.ne.jp
廃棄物処理
営業許可
許可の種類 がらすくず・コンクリートくず及び陶磁器くず
産業廃棄物処分業許可証 岩手県 許可番号 第0323082891号
一般廃棄物処理業許可証 水沢市 許可番号 水沢市指令第259号
一般廃棄物処理業許可証 前沢市 許可番号 前沢市指令第49号
一般廃棄物処理業許可証 金ヶ崎町 許可番号 金ヶ崎町指令第39号
一般廃棄物処理業許可証 胆沢町 許可番号 胆沢町指令第1222002号
一般廃棄物処理業許可証 江刺市 許可番号 江刺市指令第30号
一般廃棄物処理業許可証 衣川村 許可番号 衣川村指令第92号
リサイクル
工   場
〒023-0001 岩手県奥州市水沢区佐倉河字向川原106-5/106-7
TEL:0197-25-7522  FAX:0197-25-6229
HP  http://www.khs.ne.jp/
E-mail kan@po.sphere.ne.jp
リサイクル
製品の用途
アスファルト骨材・コンクリート骨材・樹脂舗装骨材・壁材骨材・
インテリア製品・エクステリア製品・他社OEM商品など
販 売 先 全国自治体、一般事業者、土木建築業、清掃・産廃事業所等



会社沿革

昭和61年 3月 (株)ホウトク薬品産業の雑貨製造、工事部門として資本金100万円で水沢市卸町4-7に(株)東北ダイワサービスとして設立する。
犬の鑑札入「DLケース」を発売、全国の市町村に紹介する。(株)有恒薬品(西宮市)を西日本代理店とする。
5月 脱臭剤「臭クリーン」を発売開始する。
昭和62年 5月 防虫剤「ナフリーンシート」を発売開始する。
5月 脱臭殺虫剤「臭クリーンw」を発売開始する。
5月 排水ろ過器「清流対策くん」を開発し特許申請、同発売開始する。
平成元年 7月 社名を「株式会社環境保全サービス」と変更する。
台所流し台用「銅バスケット」、「銅三角コーナー」【日立電線(株)】の全国行政向総代理店となる。
平成2年 3月 油吸収剤「天ぷら油処理パック」を発売開始、全国の都道府県庁、市町村に紹介、同エコマーク認定される。
7月 エアゾール用「スプレー缶ガスぬき」を発売、全国の市町村に紹介する。
9月 資本金を1,000万円に増資する。
平成3年 6月 油固化剤「油ポイ」を発売開始する。
台所用水切ネット「クリーンネット」をユニチカ販売(株)と提携発売、同エコマーク認定される。
7月 油吸収剤「天ぷら油処理パック」をグンゼ様向に70万個納入する。
9月 スプレーガスぬき「スプレーブッシュ」を発売開始する。
平成4年 1月 「天ぷら油処理パック業務用」を発売する。
3月 牛乳パックリサイクル製品ティシュ-「グリンーパル」を発売開始する。
4月 ガラスビン破砕機「減量くん」を発売開始する。
貝殻破砕機「貝殻クラシャー」を発売開始する。
5月 ゴミ収納容器「のらヨケゴミ収納ボックス」を発売開始する。
10月 ガラスビン破砕機「カレットさん」を発売開始する。
平成5年 3月 「油とりゴムヘラ」を発売開始する。
6月 食器洗「フキペット」を発売開始する。
10月 牛乳パックリサイクル製品「キッチン拭き敷きペーパー」を発売開始する。
平成6年 3月 スプレー缶ガスぬき器「ガスぬき太郎」を発売開始する。
4月 「狂犬病予防接種注射犬管理システム」開発発売する。
5月 丸形ゴミカゴ、カンペタ、バキュームを発売開始する。
「生ゴミクラッシャー」を発売開始する。
平成7年 5月 「エコマーク付買物袋」を発売開始する。
平成8年 7月 吸汗、発散「アンダーウエアー」を発売開始する。
東北ベンチャーランド協議会より奨励金を授与する。
平成8年 11月 太陽工業(株)のエコバック代理店となり販売開始する。
平成11年 8月 石膏ボード粉砕機「プラスターミル」を発売開始する。
平成12年 7月 アクア事業部を新設する。
平成13年 3月 中小企業経営革新法認定(岩手県)
平成14年 9月 無機系廃物用万能破砕機「クリスター」を発売開始する。



廃ガラスリサイクル事業

平成6年 4月 「廃ガラスリサイクル舗装推進協議会」を設立する。
5月 ガラスびん破砕機シリーズ化する。
平成7年 5月 「乾式ガラスリサイクル破砕装置」を完成する。
7月 「東北ブロックガラスリサイクル事業説明会」を開催する。
8月 「乾式ガラスリサイクル破砕装置」特許申請する。(日本)
9月 「九州ブロックガラスリサイクル事業説明会」を開催する。
10月 「北海道ブロックガラスリサイクル事業説明会」を開催する。
  「乾式ガラスリサイクル破砕装置」を(株)中館建設・(株)カネナカに納入する。
平成8年 5月 「関東ブロックガラスリサイクル事業説明会」を開催する。
11月 「乾式ガラスリサイクル破砕装置」特許申請する。(各国)
  「乾式ガラスリサイクル破砕装置」を (株)釧路厚生社・(株)近藤商事・(協)九州環境リサイクルへ納入する。
平成9年   「乾式ガラスリサイクル破砕装置」を登米リサイクル事業協同組合・八戸リサイクセンター(株)・小野産業(株)・旭川合材(株)に納入する。
平成10年 7月 「乾式ガラスリサイクル破砕装置」アメリカの特許を取得する。
11月 「乾式ガラスリサイクル破砕装置」台湾の特許を取得する。
11月 「乾式ガラスリサイクル破砕装置」を郡山環境クリーン協同組合・日豊産業(株)に納入する。
平成11年 12月 「乾式ガラスリサイクル破砕装置」韓国の特許を取得する。
  「乾式ガラスリサイクル破砕装置」を(株)カネナカ・(有)デュアル・システム・ジャパン・(有)金本建材水海道産業(株)に納入する。
平成12年   「乾式ガラスリサイクル破砕装置」を愛媛一般廃棄物協同組合・(株)沖縄カレットセンター(株)槙野土木に納入する。
4月 通商産業省認可 廃ガラスリサイクル事業協同組合を設立、代表理事会社となる。
平成14年 2月 産業廃棄物処分業許可  許可番号 0323082891
3月 経営革新支援補助金申請(岩手県) [ビーズ色選別装置・ビーズ焼成装置・大型ガラス特殊破砕装置開発]
10月 リデュース・リユース・リサイクル(3R)推進協議会会長賞を受賞する。
平成15年 2月 ガラス粒製造装置特許申請
3月 岩手県中小企業創造法認定(岩手県)
4月 岩手県再生資源利用認定製品に認定される。 [クリスタルストーン・クリスタルサンド・エリコートE]
4月 カレットインター80・カレット平板80開発発売する。(カレット骨材100%)
5月 岩手県中小企業創造補助事業(無機系廃棄物再資源化装置開発)
7月 循環製品・システム化市場調査補助事業(経済産業省リサイクル課)
12月 胆沢町・前沢町一般廃棄物処分業許可
平成16年 1月 水沢市・江刺市・金ヶ崎町・衣川村一般廃棄物処分業許可
4月 無機系廃棄物再資源化装置「クリスター1000型」発売
平成17年 4月 温泉法第14条による掲示板作成発売
8月 無機系廃棄物再資源化装置「ワイドクラッシャー(造粒装置)」発売
9月 ガラス粒製造装置実用新案申請
11月 (社)日本WHO協会 感謝状授与
11月 米国公益法人学術研究アカデミー財団より学術研究アカデミア賞授与

現在に至る。