業界数値 | 行政資料

業界数値
◆平成25年度市町村引取実績
(単位:t、%)
引取実績 4月〜10月 24年度
同期
24年度
同期比
24年度
年間実績
24年度
契約量
25年度
契約量
25/24年
契約量比
合計 210,062 202,334 103.8% 349,443 354,269 360,447 101.7%
 無色 66,308 64,206 103.3% 107,884 111,897 113,587 101.5%
 茶色 75,652 74,707 101.3% 120,500 126,290 127,396 100.9%
 その他色 68,101 63,421 107.4% 121,058 116,082 119,464 102.9%
※トン未満を四捨五入しているため合計値が合わない場合があります

◆平成25年度再商品化製品販売実績
(単位:t、%)
販売実績 4月〜10月 比率 24年度同期 24年度同期比 24年度実績
合計 195,205 100% 191,818 101.8% 331,017
用途別 びんの原料 149,595 78.0% 142,835 104.7% 241,619
その他の原材料 45,609 23.8% 48,983 93.1% 89,397
色別 無色 61,843 32.2% 58,899 105.0% 100,996
茶色 68,693 35.8% 68,398 100.4% 112,909
その他の色 64,669 33.7% 64,520 100.2% 117,111

◆平成25年度再商品化製品販売実績(その他の原材料 用途別詳細)
(単位:t、%)
用途 4月〜10月 比率 24年度同期 比率
その他の原材料 合計 45,609 100% 48,983 100.0%
ガラス短繊維 16,103 35.3% 13,018 26.6%
焼成タイル用 3 0.0% 0 0.0%
計量発砲骨材 1,193 2.6% 1,738 3.5%
その他の窯業(熱処理) 1,221 2.7% 1,930 3.9%
舗装用骨材 2,157 4.7% 980 2.0%
コンクリート二次製品用骨材 317 0.7% 182 0.4%
路床、路盤、土壌改良用骨材 24,354 53.4% 31,043 63.4%
その他工業用材料 263 0.6% 91 0.2%


行政資料

◆廃ガラスリサイクル事業関連資料まとめ

年月日 題 名 発行元 概 要
平成8年7月 ガラスびんを利用したリサイクリング舗装工事
試験舗装報告書
ガラスびんリサイクリング推進連合
カレット道路舗装用材料利用委員会
廃ガラス素材を使用した舗装工事試験の報告書
平成9年 第22回日本道路会議 一般論文集(B) 社団法人 日本道路協会 廃ガラスびん等を利用した反射型景観透水性舗装の検討
平成9年7月 破砕ガラスのアスファルト舗装への適用性について 社団法人 全日本建設技術協会 破砕ガラスのアスファルト舗装への適用性についての分析
平成11年3月 中小企業活路開拓調査・実現化事業報告書 盛岡コンクリートブロック協業組合 廃ガラス混合原料による舗装材について
平成11年9月 土木研究資料 「公共工事における試験施工のための他産業再生
資材試験評価マニュアル案」
建設省土木研究所材用施工部 新材料開発研究官 公共工事部門での廃ガラス利用の安全性、可能性を検証した画期的資料。
平成12年度 平成12年度課題対応技術革新促進事業
−課題対応新技術研究調査事業−
中小企業総合事業団 情報・技術部 廃ガラス使用可能と想定される用途ごとの可能性を検証している
平成12年2月 廃ガラスを利用した新しい建材について 愛媛大学工学部 愛媛大学工学部が中心となって、廃ガラスを利用した建材を調査している。
平成12年3月 容器包装リサイクルシステム促進事業報告書
厚生省水道環境部リサイクル推進室 カラスカレットの需要拡大のための調査研究報告書
平成12年5月12日 平成12年度土木学会四国支部 
第6回技術研究発表会 講演概要集
社団法人 土木学会 四国支部 廃ガラスをコンクリート用骨材に用いた場合のアルカリ骨材反応についての試験
平成12年11月8日 第16回 寒地技術シンポジウム 北海道開発局 開発土木研究所 寒冷地におけるガラスカレット入りアスファルト混合物の適用に関する検討
平成13年3月 建設資材関連のリサイクルシステムに関する
標準化調査成果報告書
財団法人 建材試験センター 経済産業省の委託で行われたガラス系再生資材に対する評価
平成13年3月 リサイクル材のコンクリート材料への適用に関する
調査研究報告書
社団法人 日本コンクリート工学協会 東北支部
リサイクル材のコンクリート材料への適用に関する
調査研究委員会
コンクリートリサイクルの現状から、コンクリート材料としての適用する各種試みまで網羅している。5章、7章の一部を弊社代表狩野が担当。
平成13年5月12日 平成13年度 土木学会四国支部 第7回技術研究発表会 講演論文集 社団法人 土木学会 四国支部 廃ガラスのコンクリート用骨材としての適用性について
平成13年8月7日 第37回 夏期シンポジウム 
「廃棄物を循環資源にする粉体技術」
粉体工学会 廃棄物を循環資源にする粉体技術をテーマに「ガラス骨材粒子の営利度の測定」を行っている。
平成14年9月6日 廃棄物のコンクリート材料への再資源化に関するシンポジウム 社団法人 日本コンクリート工学協会 
廃棄物のコンクリート材料へ再資源化研究委員会
廃ガラスのコンクリートへの利用に関する基礎的研究

▲ページのトップへ戻る

  Copyright 1998-2006 Kankyo Hozen Service Co., Ltd. All rights reserved.